治すのではなく、治る【咳・鼻水・タン】

こどもが、咳をした、鼻水をたらした。
クリニックを受診するこどもたちで最も多いのが、こういった症状です。
では、これらの症状は、いったい何なのでしょうか?

こどもが風邪をひく時、ウィルスがのどや鼻から侵入するので、からだはそれを追い出そうとして、のどではタンにくるんで咳で飛ばし、鼻では鼻水で流して、からだの外へ追い出そうとします。
ですから、咳や鼻水という症状は、本当は止めない方がよいのであって、むしろ風邪のウィルスを追い出すために大切な働きなのです。タンがいっぱいたまって、一生懸命咳をしているのに、強い咳止めで咳をがっちり抑え込んだらどうなるでしょう?タンはますますたまってしまい、よけい苦しくなったり、かえって風邪の治りが悪くなったりします。
ですから、本当の小児科医は、お母さんに「咳がひどいから、強い咳止めで止めて!」と言われても、「ハイ!」と簡単には処方しません。咳の音色(乾いた咳、湿った咳)や咳の原因(風邪、鼻炎、気管支炎、喘息などいろいろ)をあれやこれやと考え悩みます。
その上で必要なら、軽い咳止め(アスベリンなど)、タンを切りやすくしたり、のどの粘膜を整える為のおくすり(ムコダインなど)、気管支を広げるおくすり(ホクナリンなど)を処方することもあります。

knowledge04_02