こんなときどうする?【ひきつけ編】

こどものひきつけ(けいれん)のときの対処法についてお話します。
こどもは、急に熱がぐんぐん上がってくるときなどにひきつけを起こすことがあります。
3歳までの10人に1人の割合で起こすと言われています。
そんなとき、あなたならどうしますか?とにかく救急で受診しますか?
それとも明朝まで様子を見ますか?

1. 生後6ヶ月未満
2. 生まれて初めて
3. 体温が38℃未満
4. 最近頭を強く打った
5. 1日に何回も繰り返す
6. ひきつけが10分以上続く
7. ひきつけが止まったけど、意識が戻らない。あるいは、唇が紫色が続く
8. ひきつけに左右差がある

上記であれば、救急でも受診したほうがよいでしょう。 それ以外は、まずは様子を見ていいと思われます。

1. あわてない
2. 何もしない。口の中に指や箸を入れたりしないで!
3. こどもを楽な姿勢に。横向けに寝かせ、衣服を緩め、ピンなど危ないものは外しましょう。
4. 吐いたものが、のどにつまらないように注意しましょう。
5. ひきつけの様子を後で医師に正確に伝えられるように、こどもをじっと見る。
   また、何分続いたか分かるよう時計も見ておきましょう。

ひきつけが起こったときは、どうしてもあわててしまいがちですが、どうかまずは上記の対処をしてみてください。

knowledge01_02